1. ホーム
  2. ビルドマッスルHMBについて
  3. ≫ビルドマッスルHMBの栄養成分チェック!この成分が凄い!

ビルドマッスルHMBの栄養成分チェック!この成分が凄い!

最近、トレーニーの中でも話題のビルドマッスルHMB。

「どのような効果があるの?」
「ほかのサプリメントとの違いは?」

など様々な疑問があると思います。

そこで今回はビルドマッスルHMBに入っている栄養成分に関して、1つずつ詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

HMB

まずは主成分であるHMBについてです。

そもそもHMBとは、体作りを行ううえで重要とされている「ロイシン」というアミノ酸の代謝生成物です。
「ロイシン」は9種の必須アミノ酸の1つです。トレーニングは筋肉の成長の必要条件ではありますが、それだけでは十分ではありません。
ロイシンはタンパク質合成を刺激する“スイッチ”といわれています。筋肉を作ってくれるということですね。

効果として「カタボリック」を防ぐ効果が期待されます。

「カタボリック」を簡単に説明すると、“体の細胞や筋肉を分解してエネルギーを作り出している”状態です。

せっかくトレーニングをしていても筋肉が分解されていってしまうなんてたまったもんじゃありません。
ダイエットを目的にしている場合も筋肉が落ちるということは代謝が下がり、痩せにくい体になってしまいます。
もはや、体を作るうえでは敵でしかありません。

そこでHMBが十分に取とれていれば筋肉減少の抑制が期待できます!

BCAA

BCAAは、Branched Chain Amino Acidsの頭文字で、分岐鎖アミノ酸と呼ばれ、必須アミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシンのことを言います。

人の筋タンパク質中のBCAAの割合は約35%にもなります。
要するに筋肉づくりに果たすBCAAの役割はとても大きくなります。

逆に、激しい運動をすると分解する量もかなりあると考えられています。
要するに、BCAAを摂取することの効果は運動による筋たんぱく質の分解を防ぐことです。

また、トレーニング前にBCAAを摂ると、筋肉痛が減少し回復も早くなります。
トレーニングも回復力が上がれば、1週間で行える頻度も増やすことができるのでより目標に近づきます。

グルタミン

次はもう1つの主要成分グルタミンです。

グルタミンはアミノ酸の一種で“免疫力の向上・疲労回復・筋肉分解抑制”が期待できます。なんと病院で使用される点滴にも使用されています。

ちなみに、手術の後と高強度トレーニング後のグルタミンレベルは同じくらいになるそうです。

それほど、フラフラになってしまっては免疫力も落ちてしまいますよね…
トレーニーの中には年中摂取している人もいるくらい重要な栄養素です!

バイオペリン

さらに、注目の成分バイオぺリン。

バイオぺリンは”胃腸管への血流増大・腸内の乳化物増大・活性栄養素の輸送増大”などの効果が期待できます。

要するにHMB・BCAA・グルタミンの吸収を促進してくれるということです。


以上がビルドマッスルHMBの栄養成分です。体作りをしていくうえで欠かせない成分で作られていますね。

ビルドマッスルHMBと日々のトレーニングで理想の体を手に入れましょう!

スポンサーリンク
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。