1. ホーム
  2. ビルドマッスルHMBについて
  3. ≫ビルドマッスルHMBがダイエットにも効果的である理由!

ビルドマッスルHMBがダイエットにも効果的である理由!

最近、トレーニーの中でも噂のサプリメント「ビルドマッスルHMB」

筋肉をつけたい方に効果的であるのは以前こちらの記事でご説明しましたが、
それ以外の方には意味のないものなのでしょうか?

たとえばダイエット。理想の体を手に入れるために、減量(ダイエット)が必要な場合もあるでしょう。

今回は、「ビルドマッスルHMBが減量(ダイエット)に対して効果があるのか?」
ということについて解説していきます。

スポンサーリンク

HMBの役割

HMBは必須アミノ酸として代表的な成分の1つ「ロイシン」の代謝産物です。
要するにロイシンをさらに分解したものですね。

HMBは、筋肉合成促進と分抑制としての効果が期待されています。
言い換えるとHMBを摂取すると日々体には「筋肉を作れ、そして守れ」といった刺激が出ます。

加齢に伴い、基礎代謝が落ちて体重が落ちにくくなった。または増えているといった場合、この刺激は加わり続けてほしいものです。

しかし、体内で作られるHMBの量はロイシン摂取量のわずか5%しかありません…

それならば、ロイシンをたくさん摂取すれば良いのですが、ロイシンを含む食品にもカロリーは含まれます。消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまうとダイエットは困難となるでしょう。

そこで、注目されているのがHMBサプリメントです。サプリメントでしたらカロリーを抑えてHMBを直接摂取することが可能です。

基礎代謝って何?

前の文で基礎代謝について少し触れたので、それもご説明しますね。

基礎代謝とは、体温を維持したり内臓を働かせたりするために必然的に行われている生命活動のことです。
その生命活動をするにあたり人はカロリーを消費しています。目安としては、

成人男性…約1,500キロカロリー
成人女性…約1,200キロカロリー

となります。

実際には、体格などにより個人差がありますので参考程度に考えてください。
あとは、運動時と食事による代謝が一日の総代謝量となります。

そのため誰しも普段の生活で、基礎代謝以上のカロリーは確実に消費しています。

そしてここからが重要な話です。

ダイエットではカロリーを制限しがちになり、先ほど話した最低限必要なカロリーすら摂取できていないことがあります。
そうなると足りないカロリーはどこから使われるのでしょうか?

実は、自分の身を削って使われているんです。

せっかくついている筋肉も分解されてエネルギーとされてしまいます。
つまり筋肉が減ってしまいます。筋肉が減るということは代謝も落ちてしまいます。

それを、防がないと痩せたとしてもリバウンドといった末路が待っているでしょう…

そこで登場するのが「ビルドマッスルHMB」です。
最初の話に戻りますが、HMBサプリメントは筋肉の分解を防ぐことが期待されてます。

そのような理由から減量(ダイエット)の方にもおすすめなんですね。

より詳しいビルドマッスルHMBの情報を知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

スポンサーリンク
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。